相続の基礎知識

相続税とは

相続税とは、亡くなった人(被相続人)から相続または遺贈により財産を取得した場合に、その取得した財産に対して課される税金のことです。
遺贈とは、相続人またはその他の人が被相続人から遺言により財産を取得することをいいます。
相続税は、すべての亡くなった人にかかる税金ではありません。
財産の評価額が一定の金額(基礎控除額)を超える場合にのみ相続税が課税されます。

基礎控除額

平成26年12月31日までに開始する相続については、

基礎控除額

平成27年1月1日以降に開始する相続については、

基礎控除額

4人家族(夫婦+子ども2人)の主人が亡くなった場合
法定相続人は、配偶者と子ども2人の計3人
  課税遺産総額の計算 相続税
負担の有無
平成26年
12月31日
まで

課税遺産総額の計算

※相続財産が基礎控除額に満たない相続税は生じない

負担なし
平成27年
1月1日
以降

課税遺産総額の計算

※1,200万円を法定相続分で按分した価格に
超過累進税率を乗じて相続税を計算する

負担あり